何かを想う時、わたしたちの頭の中には、その“何か”に紐づいた存在や匂い、音、情景、触り心地などの記憶が立ち現れます。それは、おなじ瞬間におなじ空間にいたとしても、ひとりひとりそれぞれに異なっています。(感覚の遊び場冒頭テキストより)

ひと、もしくは生きとしものたちが、日々さまざまな感覚を通してあふれ、紡いでいる、言葉や詩的な表現、その文化の探究や表象を描くためどのようなメデイアのあり方があるのか、矢印の方向や伝え方を変えた時に、そのもの自体はどのように形づくられ、伝わり、残っていくのか。温度を残すことは、できるのか。

"interpret":解釈・媒介すること、もしくはともに感覚を探究していくResearch、時にはWorkshopという形をとりながら、ともに遊び、ひらいていく方法を模索しています。

Communication Game

Shape it! 
with IGENGO lab.

l_15006.jpg

LINKAGE 
with magnet

9_1.jpg

Qua|ia 
with LOUD AIR

たっちまっちかーど 
with たばたはやと+マグネット

Research Project

Image / fantasìa / body / sign / language

3-1visualcreole.png

 Visual Creole 
with Signed

0-7visualcreole.png

Visual Creole 
with Signed

03_animageof_color.png

an image of 
with signed

Audio / sound / image / echo / haptic

C1557_30_normal3-scaled.jpg

Audio Game Center
with DDD project

09.altag|mmm + Kenta Tanaka.jpg

altag
with Kenta Tanaka

28577083_1216873865109319_13274605015458

altag
with Yukio Nozawa

Sensory Playground

playground1-1_sub_1005.jpg

Consciousness

playground1-1_sub_1012 (1).jpg

Consciousness

Playground_1_3_sub_001.jpg

Consciousness